03:自転車ブランド「VANMOOF」とのコラボレーションが生み出すこと

自転車ブランドとバッグブランドのコラボレーション

「VANMOOF」というオランダの自転車は、街乗り向けのスタイリッシュな実用自転車をリリースしている自転車だ。「beruf baggage」では、今回「VANMOOF」とコラボレーションしたバッグを製作した。ここでは、VANMOOFという自転車のことや、コラボレーションのきっかけ、そして製作したバッグについてお伝えしよう。

都市生活者のための自転車「VANMOOF」

日本では趣味的な自転車となると、ロードバイクやマウンテンバイクといったスポーティーな自転車が大半だ。街の移動となると、消耗品的に使われてしまうことが多い“ママチャリ”などが一般的で、街乗り用のカッコ良いデザインで、しっかりと作りこまれている自転車はまだまだ少数だ。しかし自転車先進国と呼ばれるドイツ、オランダなどでは街中移動のために特化した「コミューター」と呼ばれる自転車ジャンルが確立し、機能的で頑丈でスタイリッシュな自転車が生活の足として活用されている。コミューター自転車の中でも特にデザイン性に優れた自転車をリリースするオランダのバイクブランド「VANMOOF」は、6年前から日本でも手に入るようになり、東京、大阪の都市部などを中心に“ママチャリ”では物足りない人や、ロードバイクなどのスポーツバイクは普段使いには適さないと感じた人などから人気が出てきている。

一方、beruf baggageは「自転車のある生活」を楽しむ人たちをサポートするために、厳選した素材とオリジナリティのあるデザインで構成されたバッグを中心にアイテムラインナップをしているバッグブランドだ。どちらも実用品でありスタイリッシュと、ジャンルは違うけれど目標とするライフスタイルは近いところにある、この2つのブランドがコラボレーショし、今回、新たなバックバッグ「EZ RIDE PACK」が誕生することになった。

VANMOOFの自転車は、耐腐食性、耐摩耗性が高く、見た目の高級感もあるアナダイズド加工されたアルミフレームを使用した直線を多用した都会的な雰囲気なデザインが特徴。ラインナップするカラーはシルバー、ブラックとモノトーン系のカラーが展開される。※写真のモデルは「VANMOOF M2 3.2」。VANMOOF自転車の販売に関しては日本での取り扱い先「ユーロバイク」に問い合わせください。http://www.eurobike.net/(TEL:06-6951-1616)

VANMOOFのデザインの特徴でもある、トップチューブの先端がそのままライトステーとなった秀逸なデザイン。前後の先端に取り付けられているLEDライトは、同じくオランダの電気総合メーカーの「PHILIPS」との共同開発によるもの。

beruf baggageとVANMOOFとのコラボレーションのきっかけとは?

今回のコラボレーションバッグを企画したセレクトショップ「WHO'S WHO gallery」では、2012年SSシーズンより、VANMOOFの特徴でもある、アノダイズド加工されたアルミフレームをリフレクターに見立てた「REFLEBOX」というシャツの製作からアパレルラインをスタートさせて、現在ではほぼフルラインでのアパレル展開をしている。さらにVANMOOFアパレルの世界観を広げるためにバッグアイテムの製作を視野に入れることになり、そのパートナーにberuf baggageを向かえて制作することになった。
「WHO'S WHO gallery」の企画担当者は「beruf baggageとVANMOOF、共通点が多いことがこの企画のきっかけになりました。beruf baggageのバッグは、本格的な自転車ライディングを想定してデザインされているが、気軽に普段使いできる点がVANMOOFのキャラクターにマッチすると考えて企画を立ち上げました。VANMOOFの自転車は、一見シンプルではあるけれど、都市生活におけるライドシーンに求められる機能が高いデザイン性とともに凝縮されているのです」と語る。

beruf baggage × VANMOOFで提案することと、これから

beruf baggageとVANMOOF。どちらのブランドも街での生活において最大限のパフォーマンスを発揮するギアを作り、ターゲットとするユーザーや、目標とするライフスタイルが共通している。そして、このバッグはVANMOOFの自転車に乗っている人だけに向けたバッグということだけではなく、街での生活を快適にする道具の一つであって、VANMOOFの自転車を所有していなくても、普段の生活に自転車を取り入れている人にはぜひ使用して欲しいアイテムだ。とはいえ、いずれはVANMOOFの自転車と、今回の「EZ RIDE PACK」バッグを組み合わせて、さらに快適な自転車ライフを過ごすことも、目標にして欲しいのだ。

VANMOOF × beruf baggageコラボレーションのプロデュースを行ったセレクトショップ「WHO'S WHO gallery OSAKA store」。店内にはVANMOOFの実車がディスプレイされ、もちろん販売も行っている。今回のコラボレーションのバッグ「EZ RIDE PACK」は同店を中心に展開。

「WHO'S WHO gallery OSAKA store」にて2012年SSシーズンより展開をしているVANMOOFのアパレルラインも同店にて展開。リフレクターを使用したカットソー「REFLEBOXシリーズ」を中心に、アウター、パンツ、アクセサリー等をラインナップする。

VANMOOFの新たなバイクラインナップ「M3コレクション」にあわせて、beruf baggageが新たにデザインしたバックパック「EZ RIDE PACK(価格:32,000円+税)」。beruf baggageの2015AWコレクションで新たに採用する、表面に強撥水加工が施されたCORDURA®Fabricの新素材を一足先に使用している。荷物の増減にも対応できるロールトップ式のメインコンパートメントを採用し、同室に素早くアクセスがしやすいように、側面に止水ファスナーで開閉できるスリットも装備。
berufの「S Collection」で採用しているショルダーハーネスや、背面のパッドなどを採用。フィット感が高く、自転車を漕いでいる際も横ブレを抑え、ウェストベルトを省略してもフィット感は抜群でしっかりとホールドしてくれる。「EZ RIDE PACK」は「WHO'S WHO gallery OSAKA store」を中心に、全国で展開される「WHO'S WHO gallery 」各店で取り扱いを行う。

berufの機能をより追求した「S Collection」ラインナップで展開しているバックパック同様、側面にはボトルやタンブラー、折りたたみ傘や自転車用のU字ロックを収納できるポケットを装備。何かと重宝する外部ポケットだ。

バッグ前面にはiPadなどの11インチ相当のタブレットPC、財布やカードケース、ペンなどを収納できるオーガナイザーポケットを装備する。

メインコンパートメントの背中側には、15インチサイズ相当のラップトップPCまで収納できるウレタンフォーム内臓のスリーブポケットを装備する。

バッグの側面には、beruf baggageと、VANMOOFの両ブランドのネームが入っている。ベルーフのタグは、今後のラインナップで採用される自転車用チューブをリサイクルしてつくられた小型タグを採用している。S Collectionのタグ同様、ブラックに白地のブランドネームのシンプルなデザイン。

WHO'S WHO gallery OSAKA store

80'S、ユニフォーム、アメリカン、ユーロピアンの4カテゴリーからのブレンドスタイルを提案するメンズ&レディースのセレクトショップの大阪店。バイクブランド「VANMOOF」の実車や、VANMOOF apaparel line、今回のberufとのコラボレーションのバックパック「EZ RIDE PACK」は大阪店を中心に展開。WHO'S WHO galleryは、東京、大阪、京都、神戸にて全5店。

所在地:大阪市北区中崎西2丁目4-20 チェルシ-マ-ケット内
TEL:06-6292-1445
営業時間:11:00~21:00

beruf baggageページ先頭へ